FANDOM


エージェントP(カモノハシペリー)

Perry time
カモノハシペリー。
性別 男性
年齢 少なくとも5(『フィニアスとファーブ/ザ・ムービー』)
国籍 オーストラリア人
出身地 ダンヴィル
ドゥーフェンシュマーツ博士
プロフェッショナル情報
専門職
  シークレットエージェント
所属
  O.W.C.A.

フリン・フレッチャー一家

署名
  150px
友だちと家族
友達
チワワのピンキー
オーナー
フィニアスファーブ
ボス
モノグラム少佐
カウンターパート
カモノボーグ
舞台裏映像
初登場
  夏休みはジェットコースター!
ディー・ブラッドリー・ベイカー
200px
非番エージェントP
200px
シリーズクリエイター「ダン・ポベンマイヤー」と2013年8月にカリフォルニア州アナハイムで隔年D23 Expoでジェフ・“スワンピー”・マーシュとペリーの「ライブ」バージョン。
ビデオ
200 px

テンプレート:Infobox character/doc

カモノハシペリー(Perry the Platypus)コードネーム、エージェントP(Agent P)は、彼の所有者に未知の、OWCAのための秘密エージェント(クール頭字語を使用しない機構)(別名「代理店」)として二重生活を送っているフィニアスとファーブのペットのカモノハシであり、動物のスパイの政府機関。代理店に、彼の直属の上司は、モノグラム少佐です。

ウィキペディア編集

フィニアスとファーブのペットで本作の影の主役的存在。普段はただのカモノハシだが、陰でモノグラム少佐の指令のもとでエージェントPとして活動している。
普段はぼんやりしていて何もしないが、エージェントになると一転クールで紳士的な性格になる。運動能力や知能は非常に高く、あらゆることを器用にこなす。
カモノハシなので人間の言葉は話せず、「ガガガガガ(またはグルルルル)」と歯を鳴らすような奇妙な鳴き声で鳴くが英語版のペリーの鳴き声だけは英語オリジナルらしく、鳴き声の音が日本版のペリーの鳴き声とは少し低い音である(他は全て日本版共通の鳴き声である)。
フィニアス達の家の真下には、少佐から任務を聞いたりするための地下司令室があり、家の所どころにその部屋へ通じる隠し扉がある。ドゥーフェンシュマーツ博士が宿敵であり、彼の悪の企みをあばき、その計画を阻止するのがエージェントPの任務である。博士とは敵対関係ではあるが憎んでいるわけではなく、博士がパンダのピーターを宿敵にしたときもショックでエージェントをやめようとしたり、娘のヴァネッサのためのパーティの準備を手伝ったり、時には彼の名誉を守ろうとするなど、良き関係である。毎回ドゥーフェンシュマーツ博士の罠に掛かるが、自力か博士の間抜けなミスにより脱出する。本編ではフィニアス達に正体を隠しているが、番外編などでは堂々とエージェントとしての姿を見せている。
最初にフィニアスとファーブに付けられた名前は「バーソロミュー」だった。
好物はとうもろこし。弱点は頬をくすぐられること(ペットの姿時にくすぐられた際は反射神経によりしっぽが直角にたつ)
第4話でリンダと遭遇したが、とっさの判断で免れた。
第42話Bパートではストーリーの構成上脇役で登場している。
第73話Aパートではバンカバングワー、第73話Bパートではマスターペリー、第85話ではドラゴノハシ・ペラブル/P卿の名で出演している。
第109話Bパートではステイシーにエージェント姿を見られてしまったが、事情を知ったステイシーによってペリーがエージェントPであることは秘密になった。

早い生命編集

Baby Perry

5年前にペリー

ペリーは5年前にフリン・フレッチャー一家によって採択された(バッキーの去った後)、OWCAによって運営される動物保護施設で。彼が採用された理由は、フィニアスによると、ペリーが同時にフィニアスとファーブの両方を見たということだった。「ペリー」と改名される前、彼の名前は「バーソロミュー」を与えられた(“フィニアスとファーブ/ザ・ムービー”)。彼の過去の時間の間に彼はまた、音楽を聴いて楽しんだ。(“帰ってきて!ペリー”)

パーソナリティー編集

ペリーは、通常、彼の所有者、ファーブフィニアスの目の前に愚かなカモノハシのように振る舞って発見された。彼はモノグラム少佐の前に、また、深刻な中でない私服である彼が何馬鹿げたことをしないとき(“僕らのサーカス”,“カレシは原始人”,“監視カメラに写っちゃった”,“スキドリー・ウィファーズの女王”)。

ペリーはまた、無私と虚栄心を欠いているように見えます。『何もしない一日』で、それは彼が彼が彼の通常の状態に戻ることを自分自身を正常に醜いネーターとバックの影響を受けるすべてのものをオンした後にのみです。彼も深くフリン・フレッチャー家族について気しそれらを失うことを恐れているし、彼らが脅かされているときに即時の行動を取るでしょう(“体内探検”,“ついにかなった夢”,“帰ってきて!ペリー”,“フィニアスとファーブ/ザ・ムービー”,“ペリーどこだ?”,“ペリーどこだ?パート2”)。彼はいいですだけでなく、彼の同盟国ではなく、彼の宿敵がドゥーフェンシュマーツ博士にもだけでいくつかの機会(“弟たちの発明対決”,“ベッドで風邪をふきとばせ!”,“スキドリー・ウィファーズの女王”,世界が衝突している”)。

The O.W.C.A.編集

ペリーは、様々な通路を通って入力することができフリン・フレッチャーの家の下に隠れ家を持っています。一例としては、彼がサンタに遭遇している煙突ベーターです。他の入口が家の横にある木の側に1つ、別の、裏庭の真ん中に1、およびプロパティに散らばっ様々な人と街のも、他の部品が含まれます。

彼の宿敵は、ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士です。ペリーの使命は、ほとんど常に、彼は首尾よく計画について最小限の詳細であっても、ほぼすべての時間を達成、これ医師の計画をフォイリングされています。典型的には、これらのミッション中に、ドゥーフェンシュマーツ博士との彼の戦いは、意図せずにフィニアスファーブがその日に取り組んできたものは何でもクリーンアップします。1つのミッションのために(そして唯一の使命)は、彼の宿敵は、その現在の宿敵世界ですレガーギテーターだった。

ペリーは彼の仕事のためOWCAから賃金を受け取る。彼はドゥーフェンシュマーツのドアを払って(“女優キャンディス”)と油の缶(“監視カメラに写っちゃった”)が見られる。モノグラム少佐は巨大なボーナスのチェック(“レーク・ノーズ・モンスター”)が挙げている。ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士は(“弟をこらしめまショー”)、少年の自転車を盗んだ後、彼は女の子に彼女のスケートボードのための20ドルを与えます。彼は、アーケードマシン(なつかしの最新ロケット)のために25セントを支払っている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。